日本語で

日本語で · 19. November 2018
6年生の生徒さんが中学校に進学するにあたり、英語のレッスンをやめてしまうことがあります。 今日はどうしてやめるのか、どうして続けるべきかについてお話します。 やめることを考えている方の理由は、 #1、部活が終わるのが遅く時間に間に合わないのでは?

日本語で · 12. June 2018
すばらしい体験レッスンの後、しばしば楽しかった?とお母さんが子供に尋ねるのを耳にします。 私はそれを聞くたびに違和感を覚えます。 お母さん、あなたはレッスンをご覧になられていたでしょう。 もしあなたが ●テンポよく興味の持てる楽しいレッスンだった。 ●英語の読み書きが学べて話せるようになるであろう。 ●良いテキストとカリキュラムでうまく行われている。 と感じたならば、 お母さん、あなたが決めるべきです。お子さんが好きか嫌いかは関係ありません。 我が家の話ですが、 うちの子供たちは以前さいたま市のあるサッカースクールに通っていました。 ヘッドコーチは多くを望む人でしたが、ちゃんと結果の出せる人でした。 私たちは子供に聞かずに入会を決めました。 私たちのスクールでも同じことが言えます。 私たちはにぎやかに動き回って行うとっても楽しいレッスンに重きを置いていません。 むしろ頭をフルに使い確実に上達することに重点を置いています。生徒に働きかけ頑張って挑戦してほしいと思っています。

日本語で · 25. May 2018
大人に英語を教える時、教科書ではなくて自由に話すレッスンがしたいと言われたことがあるかもしれません。 Dave and Amy English Schoolでは、自由に話す(ただ話したいことを話す)レッスンは行いません。 その理由は・・・

日本語で · 08. February 2018
幼稚園クラスでは、以下のことを小学生クラスになるまでに習得することを目標にしています。 1 単語をたくさん覚える 2 簡単な会話 問いと答えができる 3 英語の歌を歌う 4 26の小文字がすべてがわかる 5 すべての文字の音(おん・フォニックス)がわかる 6 小文字を見てその字から始まる単語が4つ言える 7 クラスで発言する事で英語の学習に自信を持つ 8 クラスの友達と楽しく英語の勉強をする レッスン時間は60分です。 歌・パズル・本の読み聞かせ・ビンゴ・ボードゲーム・会話の練習・フォニックスの練習等をします。 先生はみんながちゃんと英語を話しているか、歌を歌っているか注意を払います。生徒同士が互いに助け合えるよう励まし、楽しく英語を学んで自信をつけてほしいです。 幼稚園クラスではフォニックスを学びます。 年中から始めた生徒は、年長では二人一組になってたくさんフォニックスを練習します。これは、My English book and Me 3にすすむ準備段階です。

日本語で · 06. December 2017
My English Book and Me 3ではそれぞれの文字の書き方、発音、代表的な単語を例に挙げ読み書きの基礎を学びます。 ●文字の練習をするときは大きな声で発音しながら文字を書きます。 ●ミニテストのページ(P,8,13,14,19,20,21,,,,)をやる時はテキストブックに書き込まず他のノートにやります。 ミニテストをやる時に前のページを見てやったり、家の

日本語で · 30. November 2017
生徒たちにとってベストな学び方とはどのようなものでしょうか? 英語を話せ・読め・書け・聞き取れるようになるには、先生の手助けはできるだけ少なく、生徒自身で学んでいくことが大切です。 では、どのように実践していくのでしょうか? ー歌ではー

日本語で · 30. November 2017
1,  まず、各ページ絵の右側のワークをやります。 文字の並べ替え、線で結ぶ、正しい綴りを選ぶなどです。このワークはテキストに書き込んでもいいです。 2, 次にページの絵の右側のWriteのところをやります。 このワークをするときは絵の左側を必ず自分のノートで隠し、答えは必ず自分のノートに書きます。翌週にテストするのでテキストのWriteのところには書き込まないで下さい。 3,

日本語で · 24. October 2017
Dave and Amy English Schoolでは今までたくさんの帰国子女の生徒を教えてきました。 彼らの流暢な英語・理解力・読み書きの力を保ち、更に向上させるためにはどうするのが効果的なのでしょうか。 海外経験がなくてもハイレベルの英語力を身につけ、3年以上海外で生活した帰国子女たちと同じクラスになれる生徒もいます。 今からハイレベルの英語力を身につけるために必要なことをあげていきます。 長年の経験から、すらすらと上手に読める帰国子女の生徒はその英語力を保っているといえます。 幼くして帰国した生徒でも同様のことがいえます。実際5歳でアメリカから帰国し、英語の本を読む努力を続けている中学生の生徒は、現在とてもハイレベルな英語力を身につけています